未分類

1年前の出来事 1

あーあ、もう7月になっちゃったよ。
月日が経つのは早いなぁ。

去年の今頃って一体何をしていたんだろう、と思い返したら、、、
そうそう、あんなこと、こんなことがあったわ。
ということで忘れないように書き記しておこうと思います。


最近はFacebookやらTwitterなんかがあるから、昔だったら知り合いにならなかったであろう人ともお知り合いになれるようになりました。
といっても私は両方アカウントを持っていますが、全く使いこなせず。
いいさいいさ、どうせ世の中に取り残されている化石のような人間さ。

で、1年半くらい前のことか。
ムスメがFacebookだかTwitterだかなにかで、とっても話の合う子と知り合いになった、と話してくれた。案外近所に住んでいるそうでちょくちょく会っているらしい。
Aちゃんとする。

そのAちゃんとやらはじゃぁ近所なんだから同じ学校なの?と私が聞いた所、
Aちゃんは普通高校を辞めて、今は朝マックを作るバイトしているんだよ、という返事。

・・・職業に貴賎はない、というのは十分承知ですよ。私なんぞ無職だからね。
ふらんすはたとえアルバイトであっても、社会保障費を職場がちゃんと払わないといけないから、採用する時も応募者は履歴書とLa lettre de motivation(応募した仕事に対して自分がどれだけふさわしいか、またやる気があるか、という手紙)を書くなど、本格的な採用試験を受けないといけません。
なので、たとえ朝マックを作る仕事であっても日本より採用されるのは難しいかと思います。

がー
ふらんすは、超格差社会、階級社会、そして学歴社会の世の中なのですよ。
なので、中卒で朝マックを作っているって、その子の将来は一体どうなっちゃうのよ。
こんなのガイコクジンの私でも知ってるし、心配してしまいます。

まぁ他所のお宅のお子さんだし、ただの子どものお友達だしね、と思っていたある日。
そのAちゃんがウチに遊びに来ました。

そしたらまぁとーっても良い子なのですよ。

フランス人の子ってねぇ、日本の子どもに比べると全然しつけがなっていない子が多いのですよ。
おやつやご飯をご馳走しても、食べっぱなし。
私これ嫌い、とへーきで言って残す。
とかね。
このガキんちょメ!と心の中で思ったことも多々ありました。

しかしAちゃん、食事も残さず食べ、おまけに「美味しいですね」と自然に言ってくれる(きっと心の中で「こんなヘンテコな物食えねーよ」と思っていたとしてもだ)し、食べた後も食器を片付ける。
優しいし本当に良い子なのであります。

何度か家に遊びに来るうちに、「なんかもったいないじゃん、こんな良い子が高等教育を受けないなんて」と思い始めました。

私の日記代わりのブログなので正直に書きますが、
ふらんすは学歴と社会規範の高さは比例します。
私が普段接する、店員、修理工の人たちのいい加減さといったら、、、
その上、教養が無いから差別、偏見が激しいったらないのよね。
Aちゃんたら、とっても真面目で誠実な子なのに、このままじゃぁこういう輩と同じになってしまうじゃないのよ。

ということで、ムスメに「Aちゃんに高校に戻るように」と何度も言いました。
ふらんすの高校入学制度は、日本のように各学校で入学試験を実施するのではなく、全国共通の中学卒業試験及び、高校入学資格試験に合格していればいつでも高校に入り直すことが出来ます。
これは高校卒業、大学入学でも同じです。

しかし、Aちゃんのご家庭はご両親、きょうだい全員が高校を中退しているのです。
で、どうしたかというと職安がやっている職業訓練学校を卒業したらしいのです。
この学校を卒業すると、高校卒業資格のバカロレアは取れませんが、それ以外の職業高校に行ったら取れる資格をとることが出来るようです。
こういう背景があり、Aちゃんも高校を卒業する必要は無い、という考えだったそうです。

では何故一度は普通高校に進学したかというと、Aちゃんは冬生まれで、高校に入学した時点では16歳になっておらず、ふらんすでは15歳以下は仕事に就けないらしいのです。
なので、16歳の誕生日を迎えて直ぐに高校を辞めてしまったらしい。

あー、良いさ良いさ、良いんじゃなーい。そのCAP(職業訓練を卒業したら取れる資格)を取るのもね。
ただし、本人が強い意志があればという話。
私はパン職人になりたい、とか料理人になりたい、とかさ。
Aちゃんは日本が好きなので、いつかは日本に行ってみたいそう。だからふらんすの物を日本で売る、とかどうかな、など考えていたようですが、どうしてもこれになりたい!という訳ではなかったようで、端から見て迷ってるなー、という風に見えました。

そして丁度一年前の今頃
Aちゃんがウチに遊びに来て、ついでに夕飯を食べました。

食後、Aちゃんがこれからどうしようかな、という話をし始め。
職業訓練学校に行くには、仕事先も見つけないといけません。
仕事を何日かし、何日かは学校に通う、というのが条件なのです。

Aちゃんは未だ仕事先を見つけられない、とのこと。
スーパーの品出しにでも応募しようかな、見つからなかったら高校に戻ろうかな、と言い出したので、
今がチャンス、と
「ちょっとー、だったら高校にちゃんと行きなさいよ。日本は学費がとっても高くてそれで進学を諦める子がいっぱいいるんだよ。だけど、ふらんすは大学まで無料じゃない。勉強したければどんな子にでもチャンスがあるんだよ。あなた、日本に行ってみたいんでしょ。こっちの大学は交換留学制度が充実しているんだから先ずは学生で日本に行ってみたら良いじゃない。一番確実な方法だよ。それで気に入ったらそのまま卒業まで居ても良いじゃないの(確か、こちらの大学は交換留学先でそのまま卒業が出来る、ハズ)。とか、コネを作って帰ってくることだって出来るよ。日本の企業は今、留学生やら日本語が話せる外国人の採用を増やしているんだよ。だからちゃんと学校を出ていたらチャンスがあるじゃない。あなた、頭が良いのにもったいないよ」
と、熱く語ってみました。

Aちゃんの反応は
「えー、ムスメちゃんのお母さん、ふらんす語上手だったんだね。いつもあんまりしゃべらないから全然話せないのかと思ったよ」
と、何ともズッコケルお答えでした。

しかし、思うところがあったようで、
その数日後、ムスメが
「Aちゃんねぇ、高校に戻ることに決めたって」と話してくれました。

あー、そうなのー。メデタシメデタシだねー。
と行かないところがふらんすさ。
ここからが戦いの夏の始まりでした。

~つづく~

たくわんの その2

ブログ1
あっ、ボケてた

ブログ2
こっちもイマイチ???

鍋コ。さん、こんなんじゃ判断難しいでしょうか?

犬の爪の写真を撮るって難しいわ
というか私のカメラ技術がダメなんですけどね
カメラを近づけると、近すぎるのか後ろにピントが合っちゃうし
ずっとたくわんの前足を握っていると「離せー」と振り払おうとするし

今度は日中再挑戦してみます

私も爪を切らないと血管が伸びてくる、というのは聞いたことがあるのでやはり近々他のサロンに連れて行こうかと思います

これは感覚、なのですが
ヨーロッパは大体どこも犬連れおっけー、なのですが
それはヨーロッパ人やヨーロッパ人の生活習慣自体が動物的(うまく表現が出来ません。勝手に感じた”感覚”なので)だからかな、と思うのです
なので、犬の爪に関しても、歩かせときゃ自然と短くなるから必要なし、なのかな、と
犬のシャンプーも基本しなくても良し、な感じ

まっ、よーろっぱの歴史を紐解くと日本と比べて相当不潔な生活(特に仏蘭西)してましたしね
なんというか動物じゃん、みたいな
今も
だから犬のケアも野坊主な感じなのかな、と思ったりした次第です
あくまでも感覚、です



さて、昨日、日本の深夜番組を見てましたら

東大生に関するアンケートの番組で

東大生が、東大に入るために勉強した場所、というのがあって

一番が
リビング
だったんですのよ
知ってました?奥さん

難関中学に入った子がリビングで勉強してた
というのは以前から良く聞いていたけど、東大生もそうだったんだー

というか、リビングで勉強して難関中学に入った子が、その延長でリビングで勉強し続けて東大に入った
ってことかしらん

でもさ
東大入るのには、すっごい長時間勉強しないといけない、というイメージがあるのですが
家族の誰も「邪魔だから自分の部屋行って勉強してよ」とか言わなかったのかな


で、それを見たムスメさんが
なぜか今日、リビングで勉強してました
東大に入りたいのかな

話は戻り
そのアンケートに対して「東大脳は12歳までに出来る(だったかな?」の著者←息子さんが東大入学したらしい、が解説してたんですけど
オイ、結局自分の息子自慢カヨ!
てな感じでした

谷口さん(著者。多分こんな苗字だった)が言うには、リビングで勉強する=親子関係が良好、なんだってー
ウチの息子もリビングで勉強して東大に入りました、ですってよ、奥さん!

良いねぇ~、人目もはばからず公共の電波使って息子自慢って
ある意味羨ましいね

と、ひねくれ者のワタクシは思いました
あっ、なんかすっごくイヤミな感じだね
ま~、そのつもりで書いたんだけどね


お口直しに

ブログ5
爪だけでなく、たくわんちゃんのお写真でざますよ
ほんとーにかわいいでしょー、うちの子
めっちゃあったま良いのぉ~

とか谷口さんだったら言いそうだね

あ、口直しに、なんて書いたのに
イヤ、本当に羨ましいですよ、あれだけ無邪気にジマンできるってのは
別にうらみはないのに、谷口さんに
でも、努力して東大に入ったのは息子さんなのに、お母さんが本書いちゃうって、、、
その上テレビで息子ジマンって
息子さん恥ずかしくないのかな
親子関係が良好って思ってるの、お母さんだけかもよっ!!

本を立ち読みしたいわ、その東大脳の作り方
買いたくないけど
どんな息子ジマン、自分ジマンが書かれているのか気になっちゃうよ

なんか収集つかないからおしまい

*写真のたくわん、このクッションがとっても好きなんです
 私が座っていると「オイ、場所空けろよ」と催促してきます(今も)
 そして当たり前のようにクッションの半分を占領し、爪の手入れをしています
 私がトイレなんかでクッションを明け渡したら最後、真ん中に移動して私の居場所はありません
 なかなかしたたかなんですよ、うちの息子
 あっ、これじゃジマンにならないか(しつこい)

その5

翌日は着いた日に簡単にパトロールしたイートンセンターをゆっくり見に行きました

昼過ぎに戻って来て、ホテルで少し休憩した後,今度はホテルを挟んでイートンセンターとは反対側の方に行ってみました

ブログ1
こちら側にも、The Bay というデパートがあったりお店が並んでいます

ブログ2
夕方だったからか犬連れさんをよく見かけました
どうもここら辺はトロントでも街の中心のようなのですが、お店の上が住居になっているようでここら辺に住んでいる人がお散歩に出かけているようでした

小型犬を連れた人が抱っこしてお店に入ってました
これだったら大丈夫なのかしら

こーんな都会の中心に住んでいる人が、私が住んでいる村に、突然「住め」と言われたらどうなるのかしらん
テレビ見てるだけで「うるさいんだけど」なんて電話がかかって来たらどんな風に思うんだろう、とか
逆にウチに「テレビの音がうるさい」と電話して来たとなりのばばぁ(失礼!)が突然トロントの中心地に住んだらどんな反応するかしらん
などなど思いながらブラブラしました

夜はちょこっと足を伸ばしてギリシャ人街に行って

ブログ4
Pan on The Danforth
516 Danforth Avenue, Toronto, ON
(416) 466-8158

というところでギリシャ料理を食べました
毎晩なのかたまたまなのか、ギリシャ音楽の生演奏が始まって良い感じのお店でした

この写真に映っているおじさん
レストランの外観の写真を撮ろうとカメラを向けたら丁度お店から出て来て、「このおじさんが出たら撮ろう」と思ったらポーズを決めてくれたので一緒に撮ってしまいました
その後、「どう?ちゃんと撮ってくれた?」と聞いてきて、面白かったわー

トロントには中華街はもちろん、イタリア人街やらポルトガル人街やらあって、食事だけなら旅行する必要ないじゃん、と思ってしまうほどでした



次の日は子どものリクエストで、ちょっと足を伸ばして Markham という街にある J-town という日本食屋さんなどが入っている所に行ってみました

私が住んでいる所には日本食材店がなく、月に一度パリの日本食材店から宅配をしてもらっているのですが、3月の大震災、その後の原発事故からEUでは日本からの食材に対して輸入規制が敷かれていて、段々日本食材が手に入りにくくなってきています
カナダは輸入規制が終わっているので、お店にはたくさんの食材が売られていました。いいなー
買わなかったけど。荷物増えちゃうし

で、ここまで来たなら

ブログ3
ディンタイフォン 鼎泰豐 で小龍包を食べましょー、と熱望しました。
First Markham Placeというショッピングセンターに入っています。
でも、同じ街でも、J-Townからはかなり離れています

あれもこれもと頼み過ぎて失敗。半分くらいしか食べられませんでした
小龍包は美味しかったけど、スープやチャーハンはちょっと味が薄かったような気がしました
1時過ぎに行ったのに20分くらい待ちました

そして、このお店が入っているFirst Markham Placeというショッピングモール、ほぼ100%中華系のお店です
これにはビックリ。来ている人もほぼ全員東洋人。中華街でもないのにこんなところがあるなんて!

トロントに戻る前に、ユニオンビルという所を車で通って(何故か写真を撮っていなかった)、戻りました

その後は


ブログ5

The Distillery Historic District に立ち寄りました

ここはなんというか、あーちすとの人が作品を展示販売している所、って感じでしょうかね

そこで見かけた

ブログ6
かわいいかわいい子犬ちゃん
生後8週間とか
思わず触らせてもらいました
甘噛みしていたようなのですが、全然痛くないー

ブログ7
たまたま子犬ちゃんが成犬になったらこんなでしょう、というわんこもやって来て
どれだけ小さいかが分かりますでしょうか

飼い主さん、アメリカの人なのか「今○○インチで、××ポンドなの」と言ってました
インチとポンドじゃ言われても分からんわ
何でアメリカはいつまでもインチやらポンドやら使うのかしらん
気温だって90°Fとか言われてもそれはどうなの、で分からないっての
でも、時間の単位は同じなんだよねぇ、なんかヘンな感じ
って時間の単位が違うと大変なことになるか

夕方ホテルに戻って来て、オットとムスメは再びイートンセンターへ
下の子は部屋で休憩
私は洗濯しに

このホテルはランドリーを無料で使えます
その上、レセプションに「ランドリー使いたいんだけど」と言いに行くと、洗剤までくれます
太っ腹

とうとうトロント最後の夜になってしまいました、、、

最後は、ホテルから歩いて行ける

Mercatto
101 College Street, Toronto, ON M5G 1L7,
+1 416-595-5625

というところで

ブログ8
パスタ食べた
美味しかったです
すみませんねぇ、表現力が乏しくて

担当してくれたウエイターさんが

「originは日本人なの?」と話しかけてくれまして

なんでも来年辺り英語教師として日本に行きたいと考えていて、今そのための準備をしている
「ニホンゴハムズカシイデスネ」と話してくれました

印象的だったのが「日本人なの?」と言う前に「origin」という単語をつけて来たのが、あぁ移民を多く受け入れているカナダらしいなぁ、と感じました

実は学校が始まることで心配していることがあります
下の子が行く事になっている村の中学校のことです

小学校はたまたま外国人が多く住む学区の小学校に行っていたので、先生も外国人がクラスに居て当たり前だと思っているようでしたし、子ども達もほぼふらんす人で成り立っている学校の子ども達より違和感はなかったのではないかと思います

それでも時々、両目を指でつり上げて「chinois(中国人=この場合東洋人に対する差別用語)」と言ってからかわれたそうです
下の子も負けずにやり返していたようですが

村に行くと外国人は殆ど見かけません
その上昔から一族村に根を張っている、という家族が多く、必然的に保守的な人が多いです
つまり、村の中学校に外国人が居る確率はかなり低いと思われ、その上保守的な親に育てられた子どもはどうしても考えが保守的になっていると思われ(何だか”北の国から”口調だな)
そうすると今まで以上に差別や偏見を受けるのではないか
という心配がどうしても拭えないのであります
まぁ行ってみないと分からないけどね、案外すっごく楽しかったりして、とか

移民受け入れ国家のカナダで、その上都会で色んな国から来ている人で成り立っているトロントだったらこんな心配要らないかもなー

なんて思ったりもしました
まぁどこに行っても人種問題がゼロのところはないだろうけど

~つづく~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。