2011 冬  バルセロナ

6日目 とうとう帰る日

今日からソルドが始まったらしい
どう言う訳かいつも水曜日から始まる
取り敢えずギャラリーラファイエットのサイトは混み過ぎて繋がらない状態である


そして訂正

前の記事の最後
デザートの名前を「多分南米のアルゼンチンという名前のタルト」というような事を書きましたが
「サンチィアゴ」だそうです。そして、サンティアゴも南米から来たのではなく、有名な巡礼地(ですよね?)ガリシア地方のサンチァゴ・デ・コンポステーラ、から来た物だそうです
と、教えて頂きました


アルゼンチン、って全然違うわ。お恥ずかしい。。。
そして勉強になりました
ありがとうございました


さて

とうとう帰る日がやって来てしまいました。旅から帰る日は、旅が楽しかったのは良いのであるが、その分「またあそこに帰るのか」と反動が大きく、気持ちも落ち込んでしまうので、前日から心を整えることにする

ブログ1
泊まった部屋から見えた景色
まぁ街中だから仕方がない

バルセロナのどこ辺りに泊まったら良いのか分からず、色々調べた
すると、とあるサイトに「旧市街は夜中も騒がしく、自分だったら借金取りに追われても(旧市街には)泊まらない」という文があり、そのサイトではグラシア通り辺りがお勧め、と書かれていたので今回はバルセロナ大学近くに泊まってみた

確かに静かだったし、周りにはミニスーパーもあり便利だったけど、もしも次行ける機会を持てたら旧市街(便利そう。レストランも多いし市場に近い)か海沿いに泊まってみたいかも

ブログ2
ホテル前

さて、この写真、一体何時に撮ったでしょう???



答えは

朝の9時

何だか早朝 ですね

まぁ、あれだけ夜が遅ければ朝が遅くなるのは当たり前ですね

ブログ3
タクシーで空港へ
天気は、2日目の午前中が薄曇りだった以外はずーっと晴れていた
最高である

EasyJetはターミナル2の端っこにあります
着いた時同様、甘い匂いが立ちこめておりました

かなり早く着いたのでサンドイッチなどを食べたのですが、空港なのに何だか安かったなー
そして美味しかったなー

帰りの飛行機でもスープを頼む
結構これが楽しみだったりして
だから案外いつもと比べて落ち込まなかった

EasyJetのCAさんは普通の航空会社のCAさんより大変だと思う
機内サービスが有料で、メニューが沢山あって、頼む人も意外にいたので、注文に合わせて機内食を用意しないといけないし、同時に免税品も売ってたし(タバコを買っていた人が多かった)

飛行機でたった1時間半なのに

ブログ4
いつもの通り雨だった、、、
嵐じゃなかっただけ良し、と考えた方が良いのか

EasyJetは格安航空会社なので、ばーぜるではタラップがない
徒歩で移動
たまたま飛行機から降りて建物の中に入る時は雨が止んでいたけど、大雨でもタラップないんだろうなぁ
それはなぁー


この後スーパーで買い物などして帰った

バルセロナ、楽しかった
スリの心配もなかった
また行きたい
もう山の近くはイヤだ
年中雨もイヤだ
マズいコッテリした料理もイヤだ
田舎もイヤだ

とか書き出してみた

さぁ頑張ろうー

~おしまい~
スポンサーサイト

5日目 食べたもの(追記あり)

クリスマスも終わって、年が明けて、クリスマスツリーをしまい終わったら

途端に日本に帰りたくなったー!!

あー、子どもの学校とかお金の事とか考えなくても良いなら明日にでも帰りたい
歯医者や病院に行きたい
こちらでかかっている歯医者さんやお医者さんも優秀で良い人だけど、日本語で話したい


さて
この日のお昼
初めはカタルーニャ広場近くで、と思っていたのですが、かなり離れてしまったので、またまた市場近くのレストランで

Mariscco

オット、その前に

ブログ13
市場で昼ご飯を食べた後、生ジュースを飲んだのでした。2個で2ユーロ。1個1ユーロで売ってくれるのかは不明。これはオレンジとマンゴーだったかな。
本当に果物を絞っただけ、のお味。

土曜日に、テレビ東京の「アド街っク天国」を見ていたら、同じジュースが500円くらいで紹介されていてビックリ。まぁ銀座だったからね。でも、こちらもスペインの大都市か。

話は、Marisccoに戻り

場所は、2日目にイカスミリゾットを食べた「La Quinze nits」と同じ広場。もう一軒市内にあるようです。

ブログ1
入り口にシーフードが美味しそうに並んでいます。
色んなブログに紹介されていて、それらのブログやこのレストランのサイトには、注文の仕方は、
先ず、食べたい魚介類を何グラム欲しいか、それをどういう調理法で食べたいかを店員さんに頼む。
みたいに書かれていますが、既にメニューがあったので、そちらから選びました。

ブログ2
どこに行ってもやはりハム。どこで食べても本当に美味しい。
パン・コン・トマテの上に乗っていて一緒に食べるとぐーっど!

スペインでも食事の時間は大体2時間くらいかかります。が、腐乱すと違うのは、店員の数が多いので、直ぐに注文を取りに来てくれて、食べ物がそう待たずに出て来るので食事時間が長く感じません。

腐乱すなんてレストランが混んでいると、注文を取りに来てくれるまでに40分は待つ、なんてザラですからね。

ブログ3
そして蛸

ブログ4
この後頼んだ物が一度に来ました。

野菜のグリル
見切れていますが、添えられているオレンジのソースが美味しかったー。
どの野菜も甘くて美味しかったのですが、マッシュルームが肉厚でじゅーしーでまぁビックリだったわ。

カタクチイワシの唐揚げ
頭からバリバリ。言う事ないだわ

マグロとアボカドのタルタル
これは「和」の要素が入っていたと思う。ショウガとごま油が使われていたんじゃないかなー。
そりゃ美味しいでしょー

多分、タパスってお酒と共にゆっくり食べる物なんだろうけど、ウチはオット以外お酒を飲まない上にお腹がすいていたのでスゴい勢いで食べ尽くしてしまいました。

そして未だご飯ものを頼んでいたのだ。
スペインはお米の料理が頼めるのが良い。

待っている間に、シーフードを見たりして

ブログ5
伊勢エビ、動いてた。

ブログ6
真ん中のシラスを大きくした小魚。これは油で揚げて食べるらしい。
これが食べたかったのに、メニューで見つけられなかった。
あー、食べたいから頼んじゃおうかな、、、

と迷っていたら

またカタクチイワシの揚げたものが来たの。

皆で「何でだ???」ときょとんとしていたら
「ご飯ものが、手違いで作るのが他のお客さんより後回しになってしまい、長い事待たせてしまったので」と店員さん。

もうビックリし過ぎて目玉が落っこちる所だったわよ!
腐乱すだったらあり得ないー!手違いで後回しになろうがなんだろうがそんなの店側で黙殺されてお終いさ。
というかそんなに待ってないし、その前に。

その直ぐ後にやって来たよ

ブログ7
い、伊勢エビのリゾット。
これで18ユーロ/人で2人分より。

ブログ8
こんな鉄鍋でたっぷり来ますだ。

説明はいらん。
はー、日本に帰りたい時に楽しい思い出を振り返るって辛いわ。益々ここに居るのがイヤになる。

こんなに食べたのに

ブログ9
昨日までデザートはシェアしていたのに、今回は一人一個頼んでしまう。

フルーツサラダ、イチゴとヨーグルトのタルト、フォンダンショコラ、クレマ・カタラナ

そして、紅茶とコーヒー。

お会計はとうとう 101ユーロまでいってしまいました。
旅行と言う短期滞在なので、タパスもご飯ものも、とガツガツ食べましたが、今回はタパスだけ、とかすれば食費も食事時間もかなーり抑えられるかと思います。
ウチの場合、旅行=食べる、なので、食費がかかりました。

このレストランから、La Quinze nits の様子が見えたのですが、この日も長蛇の列でした。
が、個人的には、La Quinze nits より、こちらのレストランの方が断然お勧めです。
レストランの雰囲気も明るいし、テーブルの間隔も広いし、タパスの種類も沢山あるし、美味しい。
サービスもこちらの方が良いです。値段もあんまり変わらないし。

夕方
カタルーニャ広場にあるデパートの最上階でお茶した時

ブログ10
チュロスを皆でつまむ。
本場では、このチュロスを濃いドローッとしたホットチョコレートにつけながら食べるようである。
周りの皆さん、そうして食べていた。

夕方の5時過ぎ辺りから、サラダやら夕飯らしきものを食べ始める人が増える。
スペインの人の食事時間てよく分からないわ。
昼3時過ぎにお昼ご飯(?)を食べている人もたくさんいるし。

夕飯
最後だし2日目の夕飯で食べてとても美味しかった「La Fauta」に行こう、と決めていた。
22時頃行ったら空き始めているかも、と期待して行ったのだけれど、ヒジョーに混んでいて諦める。残念。

で、バルセロナ大学の近く、映画館の横辺りにあるレストランに入る。
名前分からず。

22時少し過ぎに入った所、あんまり混んではおらず。
どうも、ここは観光客より、地元の人が来るレストラン、と言った感じ。渡されたメニューも、スペイン語/カタルーニャ語のメニュー(後から英語メニューを持って来てくれた)。
スペイン語はフランス語の単語と似たものが少しだけあるので、それと、旅行中に覚えた単語を頼りに想像する。

そうそう、タパスを食べるのならメモ帳を持って行った方が良いかも。
頼む品数が多いので、書き留めておかないと訳分からなくなってきます。

店員さんも英語が分からず、また、ガイドブックに「スペイン料理、指差しガイド」といってスペイン料理の写真が載っていて、店員さんに頼みたい料理を指でさせばOKというページがあったのに、こう言う時にホテルに置いて来ちゃって、、、

何となく分かるものを紙切れに書いてなんとか注文する。

ナニ食べたんだっけ、、、
ギリシャ風サラダ、ロシアンサラダ、コロッケ、生ハム、ホタルイカの唐揚げ、フライドポテトの上に目玉焼き、あと何かあったかな?

ロシアンサラダ、一見普通のポテトサラダなのですが、ツナ缶が混ぜ込んであって、ツナ缶の新しい食べ方を教わった感じ。美味しかったので、早速家に帰って作ってみました。

作り置きを温め直したものがいくつかあったのですが、どれも美味しかったー

ブログ11
店内、こんな感じ。

ウチがレストランに入った時点ではそれほど混んでいなかったのですが、23時を過ぎたら団体さんやら家族連れやらやって来て満員になっちゃいました。

学生さんくらいの人たちがお友達同士で、町内会(?)の忘年会みたいな集まり、とか。もう夜中近いのにご高齢の方も楽しそうにお食事始めてました。

きっと夕方デパートで見た食事風景は「夕飯の前のおやつ」だったのかしらん。

そうか、スペインの人が他のヨーロッパ人より背が低いのは成長ホルモンが出る22時以降に起きてるからだね、なんつーことを思ったりしました。

カウンターには親子連れ。お子さん、さすがに眠そうにしていました。

ブログ12
デザートの、えーっとなんて名前だったかな
どこか南米の国の名前がついたタルト。アルゼンチン、だと思っていたんだけど調べてもそれらしき物が出て来なかったわ。
アーモンドたっぷりの美味しいタルトでした。
ここも何も言わなくてもスプーンが4本ついてきました。

これで60ユーロ前半だったような。

あー、また食べに行きたい。

しかし、余りに食事の時間が遅かったので、ムスメは翌日から数日間胃痛で悩まされておりました。
スペイン人になるには胃も丈夫じゃないといけません。


~つづく~

*昼食の美しくない話を付け足しました

5日目 やはりブラブラ

4日目は続きがあったのに海の方に行った、で終わりにしてしまった。

あの後、地下鉄に乗って、カタルーニャ広場に行ったのでした。
どうもその辺りにたくさんお店があるらしい、というのが分かったので。

デパートやら本当に沢山ありました。
が、さすがに毎日歩き続けているので疲れてしまって、夕方早々ホテルに戻ったのでした。
私は案外未だ体力があったので、近くに雑貨屋さんがあるらしいというのがネットで調べて分かったので行ってみたのですが、ナイ。
他のサイトで調べたら全然違う住所でした。
それでホテルに帰る途中でスーパーにより、生ハムとチーズを買って戻りました。


翌日

ということで、この日はちゃんと見られなかったカタルーニャ広場辺りを再びウロウロしてみました。

カタルーニャ広場には、デパートや、Fnac(腐乱すの店で、腐乱すのアマゾン版、みたいな店。本、ゲーム、電化製品などが売っている)やセフォラやらカンペールなどのお店がありました。

特に、セフォラはでかかった!こんな売り場面積が広い店舗は見た事ないー
「メイクアップ スクール」なんてのもあったりして何だか楽しそうだわ

私が冗談で「一緒に買い物に来ている人が待ってい間に座っていられるソファーがあれば良いのにね」と言った「待合室」みたいなものも登りエスカレーター近くに完備
まさに至れり尽くせり、だわ!

その後 Av. Portal de l'Angel という通りをぷらぷら

ブログ1
こちらもカタルーニャ広場にあるデパートと同じデパートらしい

中に入ると

ブログ2
ちょっとイトーヨーカドー風である

が、他にも若者向けのブランドのお洋服などが置いてあった
ここはいわゆる「ヤング館」ってやつかも

そのままこの通りを真っすぐいくと狭い路地が入り組んだ所に出て、この辺りにはたくさん、ほんとうにたくさんのお店があって、とても見切れないわ!

ムスメさんの目の色が変わり、少し歩くと店に入り、を繰り返し、それにつき合う方も、、、疲れるね

そんなこんなでお昼だ

お昼を食べて、再びぷらぷら

ブログ4
店構えもかわいい

ブログ3
スゴい人ごみだ

ぶろぐ
こんな細い路地もあって探検している気分になる
バルセロナは色んな顔を持っているなぁ

どうも、ランブラス通りのボケリーア市場の裏辺りは治安が悪い地域で、歩いて来た反対側はこのような小道が入り組み、お店がたくさんある地域のようである(ガイドブックを見直したら、”ゴシック地区”というらしい。今頃知ったよん)

ゴシック地区を昼食後もぶらぶらしたあと、再びカタルーニャ広場に戻り、デパートの上のカフェテリアで休憩

私は特に見たいものはないので、疲れていたし、荷物番も兼ねて休憩し続ける

ムスメは一人で、下の子とオットは二人でデパートを見に行った

ブログ6
最上階にあるカフェテリアから見る景色はキレイだった

夕方6時過ぎ、デパートを後にする事にする
腐乱すは7時は店が閉まるので、といっても、7時に閉店、は7時に店員が帰る時間、なので、6時半を過ぎると店員が入り口に立って「もう店を閉めるから入らないで」と言い始める
だから、腐乱すで6時過ぎ、といったら「買う物あったら早く目的の店に急がないと!」な時間帯だ

けど、スペインはちがーう!
なんと、お店が夜10時までやっているのよ

そしてデパートを出て、皆でビックリ
もの凄い人が歩いてるー
フランスだったら、というかウチの近所だったら、そろそろ人が家に帰る時間=人が街から居なくなる時間
なのに、バルセロナはお買い物時間はこれから、のようだ
会社帰りの人や家族連れがゾロゾロ歩いていて、昼間より余程活気があるのです
今までこの時間帯はホテルに戻っていたので知らなかったー

ブログ7
午前中歩いた Av. Portal de l'Angel も比べ物にならない程の人の数
何コレ、これが普通なの??

ブログ8
デパートもキレイだわ

ブログ9
こちらも同じデパート

夜の8時を過ぎても人の数は少なくなるのではなく、逆に活気が増す感じ

いつもなら夕飯の時間だけど、お昼にもの凄く食べてしまったので、もっと後で良いか

ということで、
翌日帰るので、夜外出出来るのはこの日が最後だし

ブログ10
ライトアップされている、サグラダファミリアを見に行ってみました

この日は夜から風が強くなり、クレーンがグラグラ揺れていて倒れるんじゃないか、とコワかったわ

ブログ11
こちらは白いライトで


あー、未だ見たりない
こんなに見所が多い街とは思わなかったわ
ガウディが設計した建物も他の見るべき物も、美術館も博物館も全然見切れなかった
残念
これはまた来ないとね!?

22時を過ぎてもお腹が空いていないけど、明日は朝も早いし、ということで最後の晩餐に向かいました

~つづく~

4日目 食べたもの

今日は朝から再び嵐でした
もう一体いつまでこんな天気が続くのか
今年は気温は高くて雪も降っていないし、車のガラスが凍るということも殆どないけど
この嵐だけは許せん!
これなら寒い方がマシなんじゃないか
傘さして外歩いたら傘がひっくり返って骨が折れちゃったよ
子どもの学校に送って行ったついでに傘を買いに行ったら、春物の洋服が並んでいた
こんな服を着る日が本当に来るんだろうか、、、


さて4日目に食べたもの

朝の11時半頃、市場に到着
既にすごい人
カウンターだけのレストラン(?)は未だ出勤前と前と思われる人がコーヒーを飲んでいました
出勤前、といっても、もう11時半だけどね

席はこの時間なら未だ空いていて選べます
食べている人がいなくて「早過ぎたか」と少し心配になるも、どうも皆同じくらいに席に着いたようで、お店の人がナイフとフォークを渡していました

メニューは

ブログ7
こんな風に黒板にスペイン語と英語で書かれています
黒板が良く見える席を取るのが良いかもですな

ブログ1
カウンターには新鮮なシーフードの他にキノコの山盛りなどが置いてあり
どれを頼もうか迷うー
商売上手だ

さぁ食べるよー!
朝はヨーグルトとミカンだけにして備えて来たからね

ブログ2
あさり

ブログ3
たこ

ブログ4
マテ貝という貝
初めて食べたー

ブログ5
子どものリクエストによりマグロ

こちらでも時々運が良いとマグロが買える様になったので、ここまで来てマグロは別に良いんじゃない、とおもったのであるが

これが一番おいしかったー!

こちらで買えるマグロは冷凍したものを解凍して売っているからか、全然違うー
甘みがあって、、、あー写真見たらまた食べたくなったー

ブログ6
キノコを炒めたもの

そしてもう一度あさりを頼む
プリプリしていてじゅーしーだった

もう「美味しい」以外に感想がある訳ない

写真を見ると分かりますが、食べている量が初日に比べて明らかに増えています

これと最後にコーヒー一杯飲んで、飲み物いれて70ユーロくらいだったか
多分クレジットカードは使えなさそう
その上、何を頼んだのかを記録していないので、会計の時は自己申告しました

本当に美味しかった。席を離れる頃には既にお待ちのお客さんが後ろに立っていました

ブログ8
市場のお店の横にあります
他にも何軒か食事が出来るお店があります

と、ここまでベタ褒めしてみましたが
お値段はそう安くないし、パルセロナのレストランはどこも本当に美味しいので(ホテルの近くの日本食屋を除く)、絶対ここで食べないと!という訳でもないかも
雰囲気ですな、新鮮食材に囲まれ&活気のある市場のなかで食べる、みたいな


夕飯

ブログ2で紹介されていたレストランに行ってみる

が、が、
見た目がかなーりしょぼくアヤシいレストランだったため止める
まっ、5~6年前の記事だったしな。行ってみたレストランが紹介された記事は
そして夕食難民に陥る

ホテルの周りにもいくつかお店はあったのですが、どうもイマイチで、ウロウロ歩き回った末に、ホテルの目の前にレストランがあった、ということを思い出しそこに行きました


Tapas Place
灯台下暗しってこのことね

写真を余り撮らず。そしてボケたものばかり

なので何を食べたか分からず

ブログ9
これはホテルイカの揚げたもの
だったかな

そうそう、スペインオムレツとか
美味しかったのは、野菜をグリルした物の上にアンチョピがソース代わりに乗っていたの
野菜が甘くて、アンチョピの塩辛い味と合って、こんな食べ方があるんだ、と感動したのよね

ブログ10
このお店の良かった所は、他の殆どのレストランはパエリアなどご飯ものは2人前からしか頼めないのに、1人前から頼めた事

これはパスタのパエリア

これを食べた後、オットが普通のパエリアも食べてみたい、ということでまた頼む

しかし
暖かい天気が続いたので、薄着で出かけた下の子の体が冷えたのか具合が悪くなり、私が下の子をホテルの部屋に連れて行く
ホテルの目の前で食事していて良かったわ

薬などを飲ませてレストランに戻ったら、既にパエリアは出来ていて、ムスメとオットが先に食べ始めていた為、写真を撮れず

ここのパエリアはお焦げがないタイプだった
個人的にはグラシア通りで食べた方が好きである

ブログ11
デザートはヨーグルトアイス、というのがあったので一つ頼んでムスメと分けて食べる
これが美味しかった
ヨーグルトというとシャーベットが多いような気がするけど、本当にヨーグルトのアイスだったのだ

これでいくらだったっけ?60ユーロ台だったかな

今回もタパス+パエリアで頼んだけれど、このレストランはシーフードグリルの盛り合わせなどが食べられるコース(確か25ユーロくらい/人)があって、ウチ以外のお客さんは皆さんこちらを頼んでおりました


これでホテルも目の前なんだし、直ぐに帰れば良いのに、放浪していた時にある物を見つけてしまい、それを買うためにまた歩く

ある物とは


ブログ12
焼き芋!!
焼き栗&焼き芋屋さんがいたのでした

焼き栗屋さんはこちらでも見かけるけど、焼き芋を売っているお店って初めて見ました

焼き芋を見つけておいて、買わずにホテルに戻るなんてことできるだろうか、いやできない
と思わず反語の表現を使ってしまいました

お芋は日本のサツマイモと違い、中がオレンジのお芋でした
確かに、中がオレンジの見た目サツマイモはこちらでも買えます
が、甘味が全く無く、水分が多いので、焼くとベチャベチャになってしまいます

買ったお芋は、中はオレンジですが、甘味、食感は日本のサツマイモと同じでした
すっごく甘い


シーフードが美味しいばかりではなく、焼き芋まで買えるって
ここだったら生活するのに全然困らないじゃないかー
飛行機でたった1時間半乗っただけでこんなに違うのかー

知ってしまって良かったのか、知らない方が良かったのか、、、


~つづく~

4日目 ブラブラした日

未だ未だガウディーが設計した建物やら公園やらあるのですが、街もゆっくり見てみようじゃないか、ということで
4日目は街をブラブラ

先ずは、というか、あまりにバルセロナで食べる物が美味しいので、皆欲が出て来て
「やはり市場で食事をしてみたいじゃないか」
ということで、いつもの通りホテルを出たのは11時頃でしたが、地下鉄を使って市場へ直行しました

そして早めのお昼ご飯

お昼を食べた後は市場を見ました

ブログ1
こんなグロテスクな子羊(?)の頭が売っている肉屋さんがあったり

ブログ2
カワイイ飴が売っているお菓子屋さんがあったり

ブログ3
このキノコ、なんていう名前なんだろう
この緑はカビじゃないのかしら??

そしてやはり目についたのは超新鮮な魚介類
ブログ4
海老やら蟹やら

ブログ5
貝の専門店までありました

お値段もウチの近所のスーパーと比べたら半額近く
その上新鮮で種類が豊富って、、、
ただただ羨ましいー

ブログ6
ハムもどれもこれも美味しそう

もしも一人旅だったら毎日来てたな
この市場、本当に飽きない!楽しい!

後ろ髪を引かれる思いで市場を離れ、ランブラス通りを海方面へと進んで行くと

ブログ8
海に出ました
久しぶりに海を見ました

ヨットがたくさん係留していました
良いなー、海の近くに住めて

ブログ9
海に浮かんだ橋を渡ると

ブログ10
ショッピングセンターがありました

ここにもレストランがいくつかあり、海を見ながら食事が出来ます
なんかどこで食べようか迷うねー、嬉しい悩みだねー

このショッピングセンター内で休憩したのですが
その店のおねーさんが、今までの人生の中で一番感じの悪い店員さんでした

眉間にしわを寄せ、
子どもがカフェフラッペを頼んだのですが、ミキサーにアイスを入れる時も投げる様に入れるし
受け答えも「ハァ?」みたいな言い方して

最初はムッとしたのですが、余りの感じの悪さにおかしくなって来ました

しかし、最後にこのおねーさん「Merci」って言ったんだよね
腐乱す人だったのかな。だったらこの感じの悪さも分かるけどさ

ブログ11
いつも山に囲まれていて、山好きの人なら良いんだろうけど
私、山は好きじゃないのよね、、、
住んでいる所も、山が間近にあるから冬は3時半には太陽が隠れてしまって家の中が暗くなるから電気をつけないといけないし
朝は10時近くまで暗くてやはり電気をつけてないといけないし
だから最近はもっともっと山が好きじゃなくなったのよ
だから久しぶりに大好きな海が見られて嬉しかったなぁ

そういえば、バルセロナは腐乱すより日が長かったように思いました
5時過ぎまで明るかったし

食べ物は本当に新鮮で美味しいし、毎日晴れてるし、温暖だし、海は近いし=バルセロナ
食べ物は肉ばかりで魚は腐ったような物ばかりだし、毎日天気は悪いし、雨ばかりだし、寒いし、山に囲まれて海から遠いし=ウチが住んでいる所

同じヨーロッパでもこうも違うとは、、、
あー、もう帰りたくないゼ
って誰でも思うわよ
あそこ(住んでいる所)と比べちゃったらさ

~つづく~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。