2010年03月

料理教室 6

日本で人気が出ているお鍋メーカーがやっている料理教室の第6回目であります

今月は既に女の先生の方に行っていたのですが、余りに酷くて後味が悪く…

確か、4月は男の先生が「鳩」、女の先生は行くつもりはないけど「ウサギ」で、両方とも私は食べられないので、それとお口直し的にもう一回男の先生の方にも行く事にしました

今回のお題は
・フレンチフライ色々
・Marquise Fondante au Chocolat, Sauce Caramel a la Vanille

先ずはデザートの方から

材料 5人分
製菓用チョコレート(ブラック)      145g
卵黄                    5個
砂糖                   200g
有塩バター                250g
ココア(砂糖を含まない)         160g
生クリーム                500cc
粉砂糖                   50g
フィンガービスケット          15~18本
濃いコーヒー                1杯

・キャラメルソース
砂糖                    200g
バター                   50g
水                     50cc
濃い生クリーム               100g
バニラ                   3本

下ごしらえ
・チョコレートは湯煎で溶かしておく
・パウンドケーキ型またはテリーヌ型に、濃いコーヒーに浸したフィンガービスケットを敷き詰めておく

1 卵黄に砂糖を加え、白っぽくなるまでよく泡立てる
2 そこに湯煎で溶かしたチョコを加えてさらに良く泡立てる
3 2に粉砂糖を加えて泡立てた生クリーム(125cc分)を加えてさらに泡立てる
4 別のボールにバターを泡立て器でよく泡立て、そこにココアを加えてさらに良く泡立てる
5 3に4を加えて良く泡立てる
6 フィンガービスケットを敷き詰めた型に5を敷き詰め、ラップをした上に蓋をして冷蔵庫で2~3時間冷やす

キャラメルソース
1 水、バター、砂糖を鍋に入れて、きつね色になるまで煮詰める
2 きつね色になったら生クリーム、バニラを入れて一煮立ちする

冷やしている間に、フレンチフライ色々を

ジャガイモの種類を説明してくれた後、ナフキンを折り畳んで、この中に揚げたイモを入れると良いよ、などを先ず説明してくれる
ブログ5
折り紙の「蓮の花」みたいな感じ?折るたびにアイロンで折り目をつけていました

フレンチフライは
ブログ6
スライサーを使っていろんなフライを作ってくれました

フレンチフライの試食が続き、ちょっと胃が重たくなって来た所で、本格的な試食  うぅ…

イモばかりで辛いわ、と思ったら、さすが先生、フレンチフライに合う鶏肉料理を用意してくれていました
バーベキューソースを塗って焼いた鳥とロケットのサラダ
ブログ8
私個人としては、こちらの鳥料理を習いたかったかもー

写真を撮り忘れましたがロケットのサラダがさっぱりしていて、良いバランスでした
先生も「料理はバランスを取らないとね」と言っておりました

いつもは料理に合うワインですが、今回は
ブログ7
ビール!その名も「春のビール」
ラベルもカワイイ

折ったナフキンにお芋を入れた物は
ブログ9
ちょっと近過ぎた
こんな感じで
しかし何も敷かずに、こんな真っ白なナフキンに直接揚げたイモって
油のシミって簡単に洗ったら取れるの?こっちの方が気になるー!


で、デザートのチョコレートのテリーヌは
ブログ10
甘過ぎず、よく泡立てて作ったので軽いです
ですが、バター、卵黄、砂糖、クリームたっぷり
その上キャラメルソース
もの凄いカロリーかと…

きっとケーキ屋さんで売っているお菓子も
たとえ甘さ控え目だったとしても、どれもスゴい事になっているんだろうなー
と思われる

やはり男の先生の教室の方が面白い
料理のプロが料理のコツ、秘訣を色々教えてくれて
聞いていて気持ちがよいです

話は変わり…

ちょっと前に読み始めた「毛沢東のバレーダンサー」ですが、先週末に読み終えました
最後の1/3は一気読み

あらすじを読んでいたので、話の展開は想像がつきました
ですが、苦境を乗り越えた人が語る言葉は本当に重く、心に響きます
涙なしでは読めません…
訳者あとがきもよろしくて

お近くに図書館が有ったら是非借りてみて下さい
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。