2011年02月

楽しいー

船にて大阪に上陸
といっても今日がもう3泊目

大阪は濃い
町並みも濃いし、売っている服も原色が多い
濃い人率も、というかヘンな人率も高い、ような


どうも心配性になったのはトシのせいではなく、腐乱すのサービス&人の悪さから来ている、ということが分かった

あちらにいると、物事が一度で上手くいったことがない
だから常に「~だったらどうしよー」と考えてしまうし、上手くいかなかった時のことを考えて第二、第三の手を考えなければいけないし、「どうせ今回もダメだろう」と考えたほうが、上手くいかなかった時に落ち込み度が低い
上手くいったらいったで「絶対おかしい、なにかあるハズ」と思ってしまう
こんななので、どうしても物事を悪く考えがちになってしまう


ケドー、日本は違う
宅急便を頼めば次の日の指定した時間にちゃんと届くし、電車も時間通りに来る
頼み事をすれば、確実にしてくれる
してもらえなくても、理由をちゃんと説明してくれるから納得できる

日曜日も店が開いているから、土曜日に「買い忘れはないか」とドキドキする必要もない
気がついたら「~だったらどうしよぅ」という思考回路が消えていた

腐乱すで住んでいるところは田舎で日本人も少ししかいないから、街をぶらついていたりしていただけで「この前、○○にいましたね」なんて言われてしまい、いつも周りの目を気にしてしまうけど、そんな事気にする必要もない
気楽で良いわぁ

お店がたくさん有って選択肢がたくさんあって良い。選べる楽しみがあってすごく嬉しいー

なにより言葉が通じるし、気持ちが通じる

向こうでは自分は言葉ができない障がい者と同じだとよく思う
言葉ができないし、向こうの習慣も良く分かっていないから、お互いが同等の「友達」にはなれなくて、常に「教えてもらう」立場になってしまうし、田舎で超保守的な町に住んでいるから、外国人ということで偏見や差別も受ける

腐乱すでは「はぁ?」というような人に「本気で言ってる?」と言いたくなるようなこと言われて、自分の感覚がヘンなのか、自分が悪いからこんな人ばかりに会ってしまうのか、と考えてしまうことがよくあった
ケド、やっぱりあっちがヘンなんだわ
言いたいことも細かく伝えられるし

天気も良いし(今日は雨だけど)
向こうは雪降ったって!
ずーっと天気がすごく悪いって!

もう戻るのイヤだなぁ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。