2011年08月

その10 

とうとうカナダともおさらばの日がやって来ました
あっという間の旅でした

といっても、飛行機の時間は22時半頃だったので、最終日も色々見て周りました

まずは、モンロワイヤル公園に行ってモントリオールの街の様子を上から見てみました
この公園、ニューヨークのセントラルパークの設計者が設計したそうです

見晴らしが良さそうな駐車場を見つけ、車を停めたら
アラ、ここもしっかり駐車場代を取るのねぇー
こんな山の中の屋外駐車場なんてタダでも良いじゃん
といっても皆さんチケット買ってなかったけど
確かに見回りの人が来たら買えば良いしね
でも、ウチは買ったのよね。捕まったしさ。それに小銭を使い切りたかったのでね

ブログ1
1976年の夏に開催されたオリンピックのスタジアムが見えました

ブログ2
今回の旅は天候に恵まれました
最初と途中のキングストンで天気が崩れましたが、雨が降っていたのは夜だけだっだし、モントリオールでも2度ほど雨が降ったけど、ちょうどレストランや車の中だったし。第一降っても直ぐに止んだし

気温も高くて、一番重宝したのは袖なし(ランニングともいうか)の服でした

ここで暫く景色を見ていたらあっという間に昼になってしまったので、お昼は

Toroli
421 Rue Marie-Anne Est
Montréal, QC, カナダ
(514) 289-9292

日本人の方がやっているフレンチ?洋食屋さん?に行ってランチを食べました

写真は撮らなかったのですが、シーフードドリア、ハンバーグ、シーフードを海苔で巻いて揚げたもの?を頂きました

お味は?美味しいに決まっております
ランチに3ドル足すとスープまたはサラダとデザートに抹茶とゴマのアイスがつきます
これが、どれも本当に美味しくて、付け足すべきです

お店のマダムが色々お話してくださって
なんでも、モントリオールには「言語警察」と言う人が存在していて、看板や標識はフランス語でちゃんと表記しているかなどチェックしているのだとか

正直言うと、モントリオールの人は皆さんとてもきれいな英語を話すので
ユー、もう英語にしちゃいなよ
とか思ったりしたのですが

そこまでしてフランス語を守ろうとしていると言うのは、フランス語とフランス文化(ケベック文化)がケベック人としての誇り、というかなんというか自分たちの核となるもの、というか、何度もドイツに占領されて来たあるざすの人たちが「自分たちはふらんす人の前にあるざす人である」というのと共通するものがあるのかな、と勝手に思ったりしました

自分でもちゃんと消化できていないというか感じたことを言葉にするのは難しい、というか

あとは、冬はかなり厳しいけど晴れる日もあるそう(気温はもっと下がるらしいけど)
たとえ気温が下がっても晴れるというのは良いなぁー

で、マダムは秋にはツアーコンダクターもしているそうで、モントリオールのほかの見所を教えてくれました

その一つに、F1レースのコースが走れる、と聞き、食事の後にセントヘレナ島に行ってみました


・・・残念なことに、F1コースは何か他のイベントが開催されていたようで、島中警察官が一杯、駐車場は一杯、交通規制も敷かれていて、近づけませんでした。がっくり


気を取り直して、再びモンロワイヤルに戻り、

サンジョセフ礼拝堂に行ってみました

ものすごく大きい礼拝堂です

ブログ4
エスカレーターで上ります

どこかのサイトに「商業的だ」と書かれていて、確かに
だけど、エスカレーターがないととてもじゃないけど上まで上がれません

ブログ5
ここも眺めが最高です

ブログ6
近所に Universite de Montreal があります
この大学の前も通ってみましたが、
でかい!
大学です

パリ大学に次ぐ、世界で2番目に大きいフランス語で授業をしている大学だそうです
地下鉄の駅が2つもありました

学生数が何万人とかって想像がつきません

ブログ7
礼拝堂の中も入ってびっくり
ものすごく広いのです
圧倒されます

ブログ8
冬は暖房代がかかりそう、とかまたもや余計なことを考えてしまいました
パイプオルガンも立派でした

ブログ9
間近ではレンズに全て収まらないのでかなり離れたところから


そんなこんなで夕方になってしまい、セントヘレナ島から市内に戻ってくるときに高速道路が大渋滞をしていたので早めに空港に行くことにしました

ブログ3
おさらばです

ブログ10
10日間よく走ってくれました

結構時間があったハズなのですが、荷物の検査をしてお店をチョロっと見たらあっという間に時間が過ぎていきました

ブログ11
夕焼けがキレイでした

帰りの機内食は、鶏肉にマスタードソースがかかったもの
写真は撮ろうかな、と思ったんだけど、気持ちが滅入ってしまい撮らず

個人的には、旅行=毒出し、の意味が大きいです
なのですが、反動も大きく、またあの街に帰るのね、と帰りは悲しい気持ちになったりします、、、

ブログ12
ヒースロー空港のターミナル5
BA専用
新しくてお店もたくさんあってキレイだけど、いすとトイレがすくなくてかなり不便かも
行きはほとんど待ち時間がありませんでしたが、帰りは4時間半の待ち時間
疲れているし、時差ぼけあるし、旅もほとんど終わってるしで早く帰りたいー

ブログ13
戻ってきたら、晴れていました!
嬉しいー

ロンドンが雨、気温13度だったのでますます気持ちが滅入りましたが晴れていたので本当に嬉しかったです

ということで旅も終わりました
カナダの人たちが親切で感動しました
もっと色んな所を見て周りたかったー

良い解毒になりました、、、
反動が大きいけど
これからまたがんばります!?

~おしまい~


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。