FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分だけじゃないらしい

この前書いた「面白い話」

その1

子どもが今まで居た地元の村のサッカークラブにはドイツ人の子が2人ほどいました。
この二人が攻撃の要でしたので、攻撃を組み立てる時、2人は相手に分からせないようにドイツ語で話していたそうです。

この例の他にも、私もサッカーの試合を観ていて「日本人って良いなぁ」と思うのは、大声で日本語で指示を出しても相手チームが理解できない、という事です。
これが英語だったら世界の共通語ですので相手に分かってしまいます。サッカーは野球のように、タイムなんて言って、皆で集まってグラブで口を隠してひそひそ話をする、なんてことがサッカーでは出来ません。

で、ドイツ人の子のお父さんが練習をよく手伝ってくれていました。
とても明るい人で直ぐにその場に馴染んでしまう人です。

ある日、試合が村のスタジアムであったので観に行き、子どもの着替えが終わるのを外で待っていたら、そのお父さんが話しかけてきました。

なんでも、弟さんが横浜に研究(何の研究か忘れた)に行っていて、そこで知り合った日本人女性と結婚する事になったので結婚式に出るために日本に行って来た。日本は本当に良い所だねぇ。街や地下鉄はきれいだし、なんと言っても人が親切。店員はお客を敬うし、サービスも良い。こっちは店員が凄くエラそうだろう?客なのにこっちがビクビクしないといけないし。物価も安いよね。
とべた褒めしてくれました。

横浜は物価安くないんじゃないかな、家賃高いし。と言いましたら、
でもさ、こっちなんてすっごい田舎なのに家賃それなりにするじゃん、それを考えたら安いよ。
とのこと。

そうねぇ、確かに。ここなんて横浜の100分の一、イヤ1000分の一くらいの街の規模なのに、70平米くらいで2LDKの家賃が大体7万円くらいはするものねぇ。その上ボロいし。

その後、リーグ戦も終わったのですが練習試合をする、というので観に行きました。

その時にまたそのお父さんと少し話しました。
2人とも外国人ですのでよくある会話「ここの生活気に入ってます?」をした所、
意外にも「嫌い」と言うではないですか!

ここの人は保守的で冷たい人が多い。中には良い人も居るけど、感じの悪い人がほとんどなんだよねー。
よそ者を受け入れるのが嫌いなんだよ。どいつ人は明るくて楽しいけど、ここら辺の人は本当に感じが悪い。
とのこと。

あら、てっきり自分は見た目こてこてのアジア人だから嫌なメに遭ってたのかと思ったわ。てか、見た目同じ西洋人なのにアジア人の自分と同じような差別を受けている、というのが意外でした。

ここから60キロほど離れたどいつの街は大学があってその上、ドイツ経済が好調だからか街に非常に活気があります。
以前は、住んでいる村の隣の市とそう変わらなかったのに、今は比べたら失礼なくらい差があります(もちろんドイツの街の方が大きい)。
本当にねぇ、感じがいいのよ、人々が。
考えてみたらよく買い物に行く国境の街のスーパーの店員さんも本当に親切です。
どうも田舎だから人が保守的なのよ、とは違うような。。。


その2

職安のやっているフランス語教室にて。

全員集まると10人くらいの教室ですが、バカンス前は3人しかいませんでした。

これでは授業にならない、と先生は思ったのか、何となく「ここでの生活どうですか?」という話になりました。

先生はきれいなふらんす語を話すので、てっきりふらんす本国にずっと住んでいた人なのかと思っていましたが、アフリカやらフランス領のギアナに住んでいたそうで、ご主人がここら辺の人なのでここに住む事になったのだそうです。

先生が
「先ずここに住むには、ふらんすに慣れる、というよりここら辺の地方の習慣に慣れる、ということが大変なのよね」と話しました。

先生が言うには、ここはとにかく決めごとが多い。
12時には絶対に昼ご飯を食べ、7時には絶対に夕飯を食べる、とか。保守的だし。
ギアナとの生活の違いに凄く悩んだ、と聞いてへぇー、ふらんす人でもそう思うんだー、とビックリしました。

先生が言うには、
ここは歴史上、なんどもふらんすとどいつになったので、ふらんす人のまえにここの人間である、という意識が強いのよ、と言ってました。

私もそれはよく聞きますが、納得出来ないのです。

そういう複雑な歴史があったのは大変だったと思うけど、だからといってよそ者を排除したり、差別したりして良いわけ?そういう歴史があるからこそ、他所から来た人と上手くやろう、とか温かく受け入れよう、となっても良いんじゃない?

でも、こうやって話を聞くと、なにもアジア人だからという訳ではなく、ここはよそ者全てに冷たい所なんだと分かって気持ちが楽になったのでした。
てか、たとえふらんす人であってもよそ者には満遍なく感じ悪く接する。ある意味裏表がなくて良いじゃないか!?と思ったりもしました。
だからといって好きになった訳じゃありませんが。

そういえば、大統領選の時に、ウチに遊びに来たムスメの友達に
「ここら辺の人はどっちの候補を支持するの?」と聞いたところ
「ここら辺の人はみんな国民戦線(極右)じゃない」という返事。うぉー
ちなみに、日本でムスメが習っていたふらんす語の先生(ふらんす人)。
老後はふらんすに帰りたいわ、というから冗談で「じゃぁ私たちが住んでいた地方は?」と言ったら
「あそこだけはイヤ。保守的で差別的な場所だから」と言い捨ててました。
ふらんす人からも嫌われる場所って。。。

そんなところに住んでます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。