スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sitges シッチェス 〜追記あり〜

あついー

昨日は38度まで上がりました。
今日もそれくらいになるらしい。あついー

バルセロナに居た時、最初の数日は爽やかで過ごしやすかったのにだんだん暑くなり、、、
どうも最後の方は高温注意報が出ていたようで、内陸のマドリッドなどはその時45度まで上がっていました。

その熱波がこちらまで来たようでとにかく暑い。
でも布団干し日和なのでまた干したったわ。今日はベッドでゴロリとするのが楽しみだな〜


さて、サロウでの1週間が過ぎ、バルセロナに移動します。
子どもが小さい時はこういう1週間海に近いプール付きのホテルで滞在する、という夏休みを過ごしていましたが、子どもが大人並みに歩けるようになると観光重視の休みにしていたので、こういった休みは本当に久しぶりでしたがとても楽しかったです。

レンタカーは午後の3時半まで借りられるので、途中、バルセロナから30キロくらい離れたシッチェスという街によりました。

シッチェスはバルセロナから一番近いリゾート地だそうで、私もここで先ずはホテルを探しましたが見つからず。
なのでどんな街か見てみたかったのです。

そうそうシッチェスはサンフランシスコに次ぐ世界第二位のゲイのメッカでもあります。

ブログ1
サロウよりも何倍も強い太陽の光にどれだけ暑いんだろう、と車から降りるのがコワかったのですが、アラ、とっても湿度が低くて爽やかだわー。

ブログ4
雲一つない、という表現がぴったりです。

ブログ2
シッチェスはサロウのように最近リゾート開発されたのとは違う、昔の町並みが残ったままのヨーロッパのリゾート地、といった街でした。

ブログ3

ブログ5
白い建物がスペインー!って感じでどこを撮っても絵になります。

ここでお昼を食べ、街をぶらぶらしてまたまた空港に向かいます。
バルセロナは地下鉄があるので車は必要がないのでレンタカーを返します。

スペインの人は運転がゆっくりだし、横断歩道で待っていれば停まってくれるし、高速道路も皆さん100キロくらいで運転していて安心して車に乗れました。
何故ふらんす人はあんなに車の運転が荒いのか。。。

ブログ7
今回はシトロエンのピカソを借りました。
案外荷物が乗って便利でした。
これが分かっていたらスーツケース2つ+大きめスポーツバッグなんかじゃなくて、スーツケース4つで来たかったわ(理由はまた後ほど)。

バルセロナでは旅行者用のアパートを借りました。
ホテルのようにレセプションがある訳ではないので、アパートに着く30分前に教えられた電話番号に「今から行くよー」と電話しないといけません。

オットが車を返している間に電話をしましょう、と静かそうなのでレンタカー会社の裏当たりに行ったら、、、
なんと男の人が寝っ転がっているではないですか!ビックリしたー。
その直後にレンタカー会社の人が連絡したのか警察がやってきました。


車を返し、今度はタクシーでバルセロナに向かいます。

〜つづく〜

*サロウに何故ロシア人が多いか、はシッチェスで解決しました。
 サロウの土産物屋さんは「何故多いのか分からないけど、サロウに来る観光客の60%はロシア人だよ」と教えてくれました。
 シッチェスには大きめのサッカーショップがあり、そこでオットと子どもが買い物をしたら、店員さんが「日本人はほとんどここでは見かけないんだ」と話しかけてきたそうで、ついでに聞いた所、2011年からスペインとロシアで協定を結んだそうで(ビザ無しでスペインに観光に来られるとか?)、それからロシア人が急激に増えたそうです。

 シッチェスでは日本人は見かけませんでしたが、日本人がやっているたこ焼きさんがあると帰って来てから発見!残念。行きたかった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。