FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルセロナの日本食

前回はバルセロナで、一度だけ日本食レストランに行きました。
ホテルの近くというだけで「小雪」という所に行ったのですがぁ
中国人がやっている、似非日本食レストランで、イマイチの上にお値段も全くなっとく価格ではありませんでした。

スペインの食事はとても美味しいので、バルセロナでは日本食レストランに行く必要はない、と思っていましたが、
今回はサロウに1週間居てからのバルセロナ、サロウではお醤油味のものを食べていませんでしたので、さすがに日本食が恋しくなり、何度か行きました。


結論から言いますと
バルセロナの日本食はものすごーくレベルが高い!
バルセロナで食べる前はブリュッセルが一番と思っていましたが、バルセロナの前では霞んでしまうほどです。

今回行ったお店は
Bouze
わさび
新風

の3つです。

Bouzeはバルセロナに日曜日の午後に着き、日曜にやっている日本食レストランがここしかないような感じで、でもホームページを見たら美味しそうだったので行ってみました。

ブログ1
マグロのたたきと牛肉のたたき

ここは外国の日本食屋さんとはひと味違い、お寿司はあまり置いておらず、一品料理がメインなのですがどれも一ひねりしているのです。
お味は美味しいに決まっております。

わさびと新風にはランチに行きました。

ほんとにねぇ、ビックリするよ、内容の豪華さに。

わさびのランチは
飲み物(ビールもOK)、デザート付き、メインの前に、お味噌汁、サラダ、小うどん、の3品の中から一つを選びます(どんぶり、お寿司のランチ)。
私はおうどんを選んだのですが、サラダとカリフォルニア巻が2つついてきました。

私以外の家族はお寿司(オットはどんぶりもの)の前に小うどんを選んだのですが、麺がたっぷり入っていて、これだけでお腹が一杯に。

その後のお寿司も大きくて、美味しすぎるー。
おうどんももちろんぐっど。

デザートも欲張って食べて
これで10〜13ユーロってお得過ぎ。

でも内容が豪華過ぎで、オット以外の3人はお腹をコワしこの後カサ・ミラに行こうと話していたのにアパートに戻りました、、、

近くのテーブルの常連さんと思われるスペイン女子3人組はランチを2取って3人で分けて食べてました。
うん、それが正解。


新風もお昼に行きました。
こちらは飲み物はランチ代金に含まれていませんでしたが、
突き出し(この日は里芋の煮物)
ひやしうどんか焼きそば
鳥唐揚げ
お寿司
デザート
という内容でやはりお値段10ユーロ前後。
ちょっと我侭行って、鮭のお寿司をスパイシーロールに変えてくれないか、と頼んでみたら快く受けてくれました(お値段は少し上がります)。親切だわー

わさびの後に行ったので、こちらでは2つをランチにし、2つはお寿司のみ、にしました。
もう「美味しい」とかわざわざ書く必要ないでしょ、の大満足の内容。
特に冷やしうどんがサラダ感覚でべりぐっど。

なんか羨ましすぎる、というか知らなければ良かったのか。
こんなにお得なランチが同じヨーロッパ大陸で食べられるんだー。ふーん、そうなんだー。。。

うちの近所にも日本食レストランがぼつぼつ出来始めましたが、これが酷いの。
韓国人が経営している日本食レストランはお寿司と焼き鳥専門なんだけど、お寿司が鮭ばかりでさ。これはなにもうちの近所だけでなく、韓国人がやっている日本食レストランはどれもこんな感じ。
韓国料理が美味しいんだから怪しいお寿司なんか出さずに韓国レストランやれば良いのに。

韓国人経営以外の日本食レストランで出されるお寿司も鮭が多いかな。
多分保守的ふらんす人が安心して食べられる魚が鮭だからかな。
でもこちらの鮭は脂っこいので鮭づくしにされると気分が悪くなってきます。
ふらんすも上と下は海に面しているけど、皆さん魚はあまり食べないらしい。

先日開店したお寿司のチェーン店のチラシが郵便受けに入っていたので見てみたら、やはり鮭ばかり。
あとは「Thon Cuit(調理したマグロ)」と書かれていたので、一体なんだろうとしばし考えてみたら、、、
ただのツナ缶じゃん!
ツナ缶の細巻きに6ユーロってアナタ、だったら面倒でも自分で作りますよ。
とこんな感じです。

じゃぁ日本人が多い、花の都はどうかというと数は多いけど、どこも高いしイマイチだし、日本人の店員さんもふらんす人化している人が結構いて感じ悪いの。

前行った時、花の都で「たこ焼き、好み焼屋」さんが出来たので行ってみたら、
直径15センチくらいのちーさいお好み焼きが13ユーロ。たこ焼き8ユーロ(だったかな)って、ぼったくり価格だったわ。

でも聞いた話だと、毎年初夏にジャパンエクスポっていう日本のアニメやらを紹介する大規模なエクスポが花の都で開かれるのですが、そこではそのちーさいお好み焼きがナント18ユーロで売られていたそうで、それでも飛ぶように売れて最後の方ではソースがなくなってしまい、醤油と砂糖を混ぜたものをお好み焼きに塗って売っていたとかで、、、

スペイン料理も美味しけりゃ、日本食もイケるって本当に羨ましい。
食は大事れすよ、生活していく上では。



で、おやつも美味しかったのだ

ブログ2
パニーニ(だったかなー、忘れた)。

中身は

ブログ3
アイスなの。ピントがお菓子ではなく、手と受け皿に行ってしまった。
このアイスは自分で2種類選べます。
今回は、チョコとラズベリー。
熱で、上と下のパン(ブリオッシュ)をくっつけるので、ブリオッシュは熱く、中のアイスは冷たくてうめー。

ブログ4
市場で売っていた生ハム。歩きながら食べられるようになってるの。
多分切り落としなんだろうけど、良い考えだわ。

そしてそして「やってみたかった」事とは

ブログ1
市場でお刺身を買って、アパートで食べること。
そのために家からお醤油とお米を持って来たの。

ビックリした事に、市場の魚売り場に行ったらお刺身用のパックがあって、お店の人が「トロ、トロ」ってトロだけのパックがあるって教えてくれたのです。で、買ってみました。
トロは一パック10ユーロ。でした。
あとはアサリを買ってみました(フライパンで口があくまで熱しただけ)
家族のみなさん、感動して食べてました。
しかし私はトロがそれほど好きではないので、ちょっと食べて後は専らあさりを食べました。
うまし。新鮮だものね。

あとはパックで売っている果物。
やっぱり太陽の光を沢山受けた果物は甘いわー。

ふーん、同じヨーロッパにこんなに良い所があるんだー、ふーん。
と何だか不機嫌になってしまうのでした。


〜つづく〜
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。