FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修理やらいろいろ

風邪がなんだか酷いことに。
鼻風邪で鼻が詰まっているからか、それとも去年の肺炎の再来か、なんとなーく息苦しいような気がします。
しかし熱はないし。
そして肺炎になったときに咳の発作のようなものがたびたび起こり、それはそれは辛かったのですが、同じような症状が出てしまいました。
なので、肺炎のときに出してもらった咳止めの吸引薬を吸ったところ、咳はあっという間に収まりました。
さすがお高いお薬なだけあるわ。
風邪を引くたびにこんな感じになったら困るわ。健康だけが取り得だったのに。
こうやって人間て弱っていくのかしらん。


Macの修理。
今回はふらんすのヤマダ電機的存在のDartyにお願いしました。

というのは、最初はハードディスクがなくなったときに修理してもらった所に持っていったのですが、
日本で買ったMacは中身が日本語だから直せない、と言われてしまったのです。

で、Dartyに持っていったら、日本で買ったものだよ、と言ったのですが
「大丈夫よ~」とあっさり引き受けてくれたので安心していたら、取りに行ったら
「中身が日本語でちゃんと直せたか良く分からない」と同じことを言われてしまいました。
その上ちゃんと直っていないのに、修理代金を60ユーロも取られてしまい。。。
半年保証がついているらしいのですが、きっと何度出しても同じ理由で直してもらえないでしょう。

ついでに、デジカメの調子も悪くなってしまいました。
使いすぎたのか、撮った写真を見ようと緑の三角マークを押すと、画面が白黒反転+ピカピカ光りちゃんと見られません。
修理料金を考えたら新しいものを買った方が良いのでは、ということで
今回は、富士フィルムのFinePix というものにしてみました。
40倍で写真が撮れるらしい、というのに惹かれまして。
子供がサッカーを始めてから、試合の様子とかで写真を撮っても、今までのデジカメだと点のようにしか撮れなかったのです。
ちょうど新しい型が出て、前のものがとてもお安いお値段になっていて、口コミを見たら、新しいのとひとつ前とのでは殆ど中身が一緒らしく、だったら一つ前ので良いじゃないーってことで。

それにしてもたった3年なのにデジカメの進歩たるやすごいわねぇ。
メモリーカードっていうの?あれも、3年前にデジカメと一緒に買ったときには4GBのもので当時ではそれなりに容量が大きいものだったのに、今回は16GBで値段も980円だったわ。

カメラも望遠40倍以外にもパノラマで撮影できたり、携帯電話やパソコン関係以外にもデジカメの進歩の速さについていけないわ。


で、パソコン。

結局アップルストアーに持っていくことになりました。

本当に最近、70キロ離れた街にオープンしたのです。

バルセロナのアップルストアーのカタルーニャ広場の一角、という超一等地に大きな店舗を構えていましたが、こちらも街の中心地にあります。
いつも思うのですが、どうやってこういう一等地に見つけられるんだろうね。
前から目をつけておくの?
かなり力のある不動産屋に頼んでおくのかな?
それとも地上げ屋のように追い出しちゃうのかしらん???

で、アップルストアーですが、バルセロナほどではありませんがかなり広く、オープンしたばかりでかなり混雑しておりました。
で、なんというか、会計する場所、とか、修理窓口、みたいなところがなくてどうしたものか、としばらくウロウロした後に、お店の人に聞いてみたところ
「修理なら予約が必要」と言うではないですか!知らなかったわー。

早速予約を取ってもらったのですが、土曜日はしばらくずっと一杯と言われてどうしましょうと思っていたら、ちょうど30分後の予約が一軒キャンセルになったとかで入れてもらえました。

でもなぁ、その後分かったのですが当日でも結構予約入れている人がいたのよね。お店は8時までなので遅い時間だったら未だ空きがあったみたい。
なんだったんだろう。


ちょっと周りをぶらついて時間をつぶし、30分後にまたお店に戻りました。

アップルストアーの店員さん、どの方もすごく親切でフレンドリーってやつでした。
アメリカ式の社員教育を受けたんでしょうか。
ふらんすではあり得ません、あの親切さ。びっくりしたわ~。

結局20分ほど待ったのですが、たった20分ほどだったのに
iphone5とipadがすごい勢いで売れていました。
バルセロナでも売れに売れているって感じでしたが、欧州金融危機というのはアップルストアーの中に限っては他所の話って感じです。

そして、あのお店の木の机はタダモノではないのね。
机の下からレシートやらラベルやらが印刷されて出てきたり、買い物袋が収納されていたり、まるで魔法の机だわ。

ブログ9
店内。このお店もwifi使い放題。
上のほうの商品はマジックハンドのようなもので取ってました。
取るのは簡単みたいだけど、商品を戻すのにはマジックハンドでは大変なようで相当手間取っていました。


で、私のMacを担当してくれた人も親切でした。
なんでも、簡単な部品交換だったら技術料込みで60ユーロくらい、でもそれでだめなら画面交換で300ユーロくらいかかるらしいです。
また、修理日数が結構かかるのでは、と思っていましたが、水曜日に簡単な部品交換で済むのかどうか電話する、もしも画面交換となり、あなたがそれだけ払うのはイヤだ、修理は止めます、となったら修理代金は要りません、と言ってくれました。
なななんて親切な。遠いけど最初からここに持ってくれば良かったわ。

あ~、お安く済みますように。


Macを置いて、店を出たら

ブログ10
暗くなりかけていました。
天気はこれからずーっと雨らしいです。憂鬱



話は全く変わりますが

ブログ3
今のサッカークラブのstadeもこんなトウモロコシ畑に囲まれたのどかな場所にあります。
(上の2枚の写真は新しいカメラ、下の2枚の写真は以前のカメラ)

しかし、このクラブ、かなり規模が大きいクラブでした(入ってから知った)。
U6から大人まで、全てのカテゴリーが揃っています。

今回新しいクラブを探すのに色々サイトを見て知りましたが、どうも前いたクラブはU13しかなかったようです。
だからあんなにstadeの芝生がきれいだったのねー。

今のクラブは、U15は今年13歳になる子で1チーム、14歳になる子で1チーム作っているのですが、
たった1年しか違わないのに、体格や背の高さが全然違う!
特にうちの子は背が小さいので大人と子供のようです。体を当てられたら吹っ飛んだ、と言ってました。
この頃の子って成長著しいのですねー。
背も伸びて欲しいけど、精神も成長して欲しいわ、ウチの場合。



またまた話は変わり
かなり前ですが、ドイツの国境沿いの街で中華を食べてみました。
ふらんすの中華は何度も書いていますが、タイやらベトナムやらが混じってへんな中華ですので、ヨーロッパのほかの国で中華を食べるのは勇気が要ります。ふらんすと同じような変わった中華だとイヤだなー、と思って。

ブログ4
チャーハン

ちゃんと炒めてあって味がしっかりついていてふらんすのものよりかなり美味しかったです。
が、やっぱりちょっと違うような。
この茶色のソースはなんだろう?おいしかったけど、これは要らないような。

お店のムッシュが言うには、奥さんが中国系ドイツ人だそうで、
「ウチの中華は本当の中華だよ」と言っていたけど。
そうなんでしょうかね???

酢豚を頼みましたが、豚肉のから揚げとソースが別に出てきました。
でも、一緒に食べるとおぉ酢豚の味でした。

またいつか来たいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。