FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資格社会

日本は資格社会だと思う。
通信教育会社もたくさんある。

腐乱すは日本と同じかもっともっと資格社会だと思う。
それも、日本の簡単ならものなら数ヶ月で取れるものと違って
「私は医師のディプロマを持っています」とか
「私は美容師のディプロマを持っています」とかいうものから
「私はウエイター・ウエイトレスのディプロマを持っています」というような、日本にはないようなものまで、日本だったら資格は必要の無いような職業にまで「ディプロマ」があるらしい。


先週の水曜日の語学教室は全く勉強をしなかった。

何故なら、私が急に「職業訓練を受けてみたい」と先生に言ったから。

しかし、
先生が「職業訓練を受けてみたら」と言ってくれたにもかかわらず、殆どの授業は9月の最初から始まっていて、10月から始まった物、その上未だ空きのあるものはたった一つ「保育園で子どもを預かる」講座しかなかった。

というか、職業訓練といってもガイコクジンでこの国の学校を出ていない私が受けられる物は最初から余り無かった。
訓練を受けるのにも「この訓練を受けるのにはこのディプロマを持っている人」という条件がついている物が多い。
この国に住んでいると、よく「卵が先か。鶏が先か」と言いたくなる様な出来事にしばしば遭遇するけれど、ここでもそうだった。

何もディプロマを持っていない人は、先ずは2~3年のディプロマをとる為に職業訓練を受けないといけないらしい。
これは複雑だから上手く説明できないけれど、バカロレア(高校卒業、及び大学入学が許可される”ディプロマ”)は取れないけれど、バカロレア以外の職業高校で取れる「ディプロマ」を取るコースのようだ。


話を「子どもを預かるディプロマを取るコース」に戻す。
最初は、そのコースしかないと言われて戸惑ったけれど、考えてみたら乳幼児相手だったら言葉もそう必要ないし、良いか、と思い直し話を聞くことにした。
てっきり職安がやっている職業訓練だから無料か格安で受けられるのだと思ったら、1年間で2600ユーロもかかるらしい。

その上、このコースは1年でディプロマが取れるからか人気がある上に、仕事が確実に見つかるかわからないらしい。というかかなり難しいらしい。

でもあなたは日本語が話せるし、ここに住んでいる日本人相手に仕事をしたら見つかるかもよ、と言われる。
うーん、やっぱり日本人は日本人であることを売りにしないと仕事がないのかなぁ。

学費も2600ユーロは1時間当たりにすると6ユーロ弱だから安い方らしいけど、このディプロマを取ってもふらんす人でさえ仕事を見つけるのが難しいのに、日本人がやって見つかるのか、ちょっと高いよなー、と思っていたら、説明してくれた人が
「日本人はお金持ってるんでしょ」と言ってきた。
このばばぁ、説明の時も感じ悪いなー、と思っていたけど、思ったとおり相当にヤなヤツだった。

一通り話しを聞いて、語学教室に戻ったら先生が説明してくれた。
ふらんすはとにかく「どんなディプロマを持っているか」が大切らしい。
だからあらゆる職業の「ディプロマ」があるらしい。もちろんそれがなくても仕事探しは出来るけれど、ディプロマがあった方が仕事は見つけやすいのだそうだ。
あぁ、だからこの前「日本の学校で何を専攻したの?」「どうして勉強した事と違う”雑貨屋で見習い”をしようとするの?」と聞いてきたんだな。

例えば、学生時代にあるディプロマを取ったとする。けど、それがどうも自分のしたいものとは違っていた、進路変更をしたい。と思ったら、また新しい自分が進みたい職業のディプロマを取る為に数年学校に入りなおすなどしないといけないらしい。
子どもを学校に通わせて思っていたけれど、ふらんすは小さい頃に「先生によって」進路を決められてしまうし、その進路を変えることは非常に難しい。その上、教育格差が非常に激しい。
とにかく「やり直しが難しい社会」だな、と感じていたけれど、それは間違っていないようだ。

先生はこうも言った
「ふらんすはアメリカのように、”やる気”とかそういうもので仕事を見つけることは出来ないの(あめりかが本当にやる気だけで仕事が見つかるのかは私には分かりませんが)。とにかく”ディプロマ”を取って、それに関する仕事を見つける、という社会なのよ」と。

なので、海外の大学を出た人はそのディプロマがフランスだとどのディプロマに値するのか、ということを審査してくれる機関があるらしい。
ふらんすの学校を出ていない人はまずそれをした方が良いよ、と教えてくれた。
方法は、卒業した学校から卒業証明書を取り寄せ、法廷翻訳をしてもらい、審査してくれる機関に送る、というやり方だ。
「時間かかるけどね。ここはふらんすだから」と先生。
なんだか気が遠くなりそう。。。

私は例えば日本で言う「一般事務」とかないかな、と思っていたんだけれど、じゃぁ「一般事務」っていうディプロマが必要なのかしらん。
なんつーかやっぱりややこしい国だな。

この前日本人向けの無料新聞を見た。
あーあ、パリだったらなぁ、仕事結構あるのに。
きっとディプロマなんかなくても、ちゃんとしたビザがあれば雇ってもらえそうなのになぁ。
あーあ。。。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。