スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40倍を使って撮ってみた

毎年来る、テレビの税金を払う紙が送られてきました。
正式には la taxe d'audiobisuelle とかいう感じだったかと思います。

封筒開いて金額にビックリ。960ユーロって。高すぎ。
ウチにあるテレビはどちらかというと小さいテレビなのに。大きさには関係がないのかしらん。

本当は日本から持ってきてしまえばこのテレビの税金を払わなくても良いのですが、日本とおふらんすでは様式が違うとかで日本のテレビではおふらんすのテレビは見られません。
以前は600ユーロ台だったような気がするけど、毎年値上がりしているのでしょうか。
600ユーロでも高いなぁ、と思っていたのに。
NHKだってこんなに取らないよねぇ???


さて、写真を何枚か載せてみようと思います。

ブログ1
行きのTGVの車内。
どうも新型車両のようでした。これで二等席。
電源もあったし、座席もすわり心地が非常に宜しいです。
2階席にしてみました。
帰りに発見したのですが、インターネットも有料ですが使えます(5.5ユーロ/時間、または9.9ユーロ/電車に乗っている間)。
荷物置き場も十分にあるし、座席の下にも荷物が置けるようになっています。
食堂車もあるし、何と言っても揺れません。

日本は新幹線をアメリカやら鉄道が発達していない国に売り出しているようですが、あの揺れ+車内の仕様が貧相(これは国によって違くするのか?)なのを鑑みると競争相手のふらんすにはこのままでは負けてしまうのではないかなー、と乗って思いました。

チケットはインターネットで取りました(そういえば、東海道新幹線のチケットってインターネットで買えないのよねぇ。あれもすっごく不便!なぜJRのクレジットカードを持っている人しか買えないのか。外国人観光客とかのことは考えていないのか)。
てっきり、e-ticketなのかと思ったら、郵送、という意外な受け取り方法が!
あと2つほど受け取り方法があったのですが、どれも駅でなんかしないといけないようで面倒そうなので郵送にしました。本当に2日後に郵便受けに入っていてびっくりでした。

ブログ2
最初はゆっくり目のスピードでしたが、こういう一面畑、の場所では320キロくらいスピードが出てました。

電車がパリ東駅に着くので、ホテルは東駅構内にある、Hotel Kyriadというホテルにしました。

これが正解でした。
stade de France は St Denis という街にあるのですが、東駅の近くの北駅からRERで一駅のところにあるのです。
また、翌日ホテルをチェックアウトした後も荷物を預かってもらって街をぶらぶらし、早めにホテルに着いて荷物を受け取り、時間があったのでロビーで座って電車を待つことが出来ました。

部屋も案外きれいで良かったです。
パリのホテルは値段の割にはしょぼいのですが、ここはふらんすでは珍しくインターネットも無料でしたし、改装したようで部屋は新しく、コンセントもたくさんあったし、小さいペットボトルの水やコーヒー、紅茶、電気ポットも置いてありました。

唯一残念だったのが、お湯の出が悪かったくらいでしょうか。

夕飯は家から持ってきたおにぎりで済ませ、9時からの試合でしたが、7時少し前には出発しました(早すぎたか、と思ったけれど、これも正解でした。理由は後で)。

ブログ3
東駅前の風景。
どうも東駅~北駅辺りは治安が余り良くないようであります。
行きは明るかったので北駅まで歩いていきました。

RER B線に乗って、さぁStade de France へ!と思ったら、どうもRERには急行列車が存在するようで、乗った電車はStade de France を通り越し、3つくらい離れた駅まで行ってしまいました。
慌てて反対のホームに行き、でも、どの電車が各駅なのか特急なのかが分かりません。
日本だと親切にアナウンスしてくれるし、電車にもちゃんと「急行」とか書いてあるけど、全くアナウンスなし。
電車にも書いてなかったような気がするなぁ。

どうしよー、と思っていたら、突然「日本人の方?試合見に行くの?だったら次の電車に乗れば着くよ」とフランス人の男の人が親切に教えてくれました。地獄に仏(大げさ?)とはこのこと。
それにしてもすごく日本語がお上手だったわ。
子どもが「”笑ってこらえて”の海外支局に出られるね」と言ってましたが本当だわ!
海外支局に出ている人たちって、大学の日本語学科とか、日本に留学した、といってもちゃんと勉強したのって数年でしょう?私なんておふらんすに16年近くも住んでるけど、さっぱりだよ。この差は何だ!?

その男の人が教えてくれた通り、その電車は無事にStade de Franceの最寄り駅に着きました。
帰りの切符を買うためにわらわらしていた時も、後ろにいた人がやはり親切に教えてくれて
「日本の券売機はもっと簡単に買えるでしょう?」というので「日本に行った事があるのですか?」と聞くと「2年前に」とのこと。
おふらんすの人は日本文化が好きな人が案外多いらしい。

St Denisの街は治安が悪くて有名です。
確かStade de Franceも再開発が目的でSt Denisに造られたんじゃなかったかな。

10分弱歩くと

ブログ4
見えてきたよ~
サッカーのチケットは、FFF(フランスサッカー協会)のHPから取りましたが、Stade de Franceのサイトからも取れたようです。

今回は
・日本応援側
・通路に直ぐ出られる端っこ
の席で取ってみたら、なんと前から10列目のところでした(自分で取っておいて、座席見つけるときに気づいた)。

スタジアムの中に入ったら

ブログ5
既に選手の皆さんが体を温めておりました。

ブログ6
パノラマで撮ってみた。

「なかなか太っ腹&良い考え」と思ったのは、座席にランダムに大きめのフランス国旗が置いてあったの。
「それ振って応援してね」ってことなんだろうけど、皆さん振っていてきれいだったわ。

ブログ7
本田選手は控え選手のグループにいました。
思ったのは、フランス応援席に取ったほうが良かったな、ってこと。
国歌斉唱の様子も見られたし、ベンチもそちら側にあったので、控え選手が試合中体を動かしているのも間近で見られたし。
それに、あちらの方が応援も盛り上がっていたわ。

で、試合が始まり

ブログ8
監督

ブログ9
カガーワ選手のひざの上の筋肉がすごい!!

ブログ10
やはりサッカーは後半のほうが断然盛り上がります。
ゴール裏の2階席には熱いファンが集っており、こんなになってました。

そういえば、試合内容はふらんすチームがずいぶん押していたようでした。
でも個人的には楽観的に試合を見ていました。
私は試合を見るのは好きですが、サッカーのことは詳しくありません。勝手に思っているのは、要はどれだけ押されていても点を入れられなければ良いし、点を入れたら勝ちなワケで、シュート数やらボール支配率が低くても、極端な話シュート数が1本でもその1本が入っていれば、」最終的には1点でも相手より多く入れていれば良いんでしょー。
とりあえず、ふらんすさんはボンボンシュート打ってたし、コーナーキックも何だかたくさんあったけど点には結びついていないからまぁ良いんじゃない、と思って見ていました。

ブログ11
吉田選手に

ブログ12
川島選手

ブログ13
宮内宮市(間違えてた!失礼)選手も撮ってみたよ。

40倍、すごいわ。
肉眼だったら見えなかったもの。

ぶろぐ
細貝選手もピントが合えばきれいに撮れるー

ブログ14
リべり登場。
彼が入ってから俄然スピードが出てきた。

最後のほうになって

ブログ15
佐藤選手とうっちー選手が入る

ブログ16

で、てっきり今野選手が入れた~、と思ったまま試合終了ー。

ブログ17
白いユニフォームは汚れが目立つ。洗濯するの大変そう。それとも毎回新しいユニフォームが支給されるのかな。

こんなで試合が終わりました。

帰りの電車のチケットは買う必要がなかったみたい。改札開きっぱなしでした。
北駅から東駅までは夜中に歩くのは怖いので、地下鉄で移動。
わー、勝ってよかったねぇ。
ふらんす人なのに、日本のユニフォームを着ている人がちらほらいました。


翌日
夜7時近くの電車を予約したので、ぱりの街をブラブラ

ブログ18
子どものリクエストでアディダスストアーへ。
なんでもパリのアディダスストアーは世界一売り場面積が広いんだそうです。
そこで体力測定(片足で立ってバランスを取る+ジャンプ+30秒出来るだけ早く足踏みっていうの?する)が無料で出来たので挑戦してみた。
最後の30秒足踏みがきつかったー。最後バテちゃったよ。長かったー。

お店でたら、雨が本格的に降ってきてその後写真撮れず。
足はびちゃびちゃになるし疲れました。

さてそろそろ東駅に向かいますか、という時になって

ブログ19
やっと晴れた。

パンやらお菓子やら日本のものを買って帰りました。
帰りのTGVは旧車両でしたが、座席が広くて快適でした。

本当にTGVは便利だわ。
これがなかったらきっと見に行けなかったもの。
珍しく充実した週末でした。

カメラの使い方をもっと勉強しないとな。
後から、「スポーツ」という設定があるというのに気づいてがっくり来ました。
それを使っていたらもっと上手に撮れたかもー。
でも40倍、何度も書くけど凄いねぇ~。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。