FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そーですか

昨日色々とアドバイスを貰い。
早速店主にメールした。

価格調査は取引先と良い関係を結んでいるのなら、あなたが直接聞く事が出来ます。

信頼は日本で商売をする上でとても大切な要素です。
私は名刺もないし、あなたと契約している訳でもない。自分が何者かと言う説明を相手に説明する事が出来ません。
そんな人物相手に商売をしてくれる店などないでしょう。

百貨店に商品を置いてもらう事は非常に難しい事の一つです。何故なら百貨店には既にバイヤーがおり、その人たちが百貨店に置く商品を決めているからです。

また、ジャム屋の隅っこに商品を置く、という「あなた」の提案ですが、多分そのジャム屋には仲買人が既に居るでしょう。ということは、その仲買人相手に商談を持ちかけなければなりません。
これらの事を素人の私が出来るとは思えません。

もしもあなたが私に託した商品を戻して欲しいのならばそう言って下さい。

などなどなど

直ぐに返事が来た。

価格調査についてはなにもやましい事は相手に対してありません。
私よりもアナタの方が日本の商売について良く知っているはずです。なので、こうした方が良いと思いました(なんのこっちゃ)。

契約は結んだ方が良いかな、と思っていましたが未だ早過ぎると思っていたのです。

ジャム屋については、あなた(私)が言い出したのではないですか。
それに商品を置いてくれ、と聞く事は義務ではありません。

あなたに渡した商品は引き取ります。


読んでもうガックリ。
今まで何度も味わったイヤーな気分再来。
あーそ、やっぱりあなたも典型的ふらんすじんってやつでしたか。。。そうですか
と言う気分。

ナニがイヤかって、ジャム屋については言い出したの店主じゃん!
なのに、分が悪くなるといきなりの責任転嫁「あなた」が言い出したのよ。だってさ!
もう何度この「C'est vous qui〜(〜したのアナタでしょ)」って言葉を聞いた事か。

やっぱり昨日相談した彼女の言った通りだった。
契約しようかと思ったけど早過ぎかと思って。って、だから、契約結ばないと私の身元が証明出来ないから身動き出来ないよ、って言ってるのに。
結局契約なんて結んで給料が発生したらイヤだ。出来ればただで働いてもらって日本で自分の商品を置いてくれる店を探して欲しい、上手く見つけてくれたら後は自分で直接その店とやり取りすれば良いんだから。
こんな所か。彼女の見立て通りじゃん。

返事をもらった時、また気弱な面が出た。
やっぱり価格調査くらいしてあげた方が良いのかな、とか。

でも時間が経ってもう一度メールを読み直したら今度は怒りがこみ上げて来た。
言い訳ばかりのメール。

なので
例えば、私がアナタの商品を買った会社に電話をしたら電話代がかかります。
アナタの商品を調べるために出かければ電車代がかかります。
そしてアナタの要求の為に時間も割かなければなりません。
私はもうただ働きはしたくありません。

私はとても今忙しく、あなたの店に行く時間は取れません。
住所を書くので取りに来て下さい。

と返事した。
だってさ、この店、しょっちゅう臨時休業しているのよ。
店主が一人で店番、雑用までしているから。

で、行ってみたら「今朝は11時から開店します」とかそんな貼り紙ばかりしている。
でも本当に11時に開いていることが滅多にない。
暫く店の前で待つ。店主は来ない。諦めて帰る。
と言う事が今まで何度も有った。運が悪かったのかなぁ。

でもさ、この事についても全く悪気がないのよね。「そうなのよぉ、今日は朝用事があって開店時間が遅くなっちゃってね」でお終い。それで何人の客を逃している事か。そんな事気がつかないのかなぁ。

この前なんてちゃんと○曜日の朝行くからね、と電話で言っておいた。朝の遅めに行ったから開いていたけど、「あさいちで来た?アナタとの約束すっかり忘れて今朝も用事を入れて開店時間を遅くしちゃったの」だってさ。
やっぱり私って舐められてたのかなぁ。

なので、折角返しに行ったら閉まってた。なんてもうイヤ、面倒。だってウチからその店まで30分はかかるんだもの。

でもねぇ、この人が特別じゃないの。

今住んでいる借家は不動産屋が管理している。で、色々というかここが超田舎のために色々あってインターネットは大家の名義になっている。支払いはもちろんこちら。

そのインターネットを退去するから支払い口座を大家に変更して欲しい、と言ったら、大家が7月一杯で契約を止めるとのこと。

私、この大家を信用していないの。
相変わらず、娘の友人のお父さんにうちの悪口言ってたりするし(何で簡単に耳に入るような相手に悪口言うんだ。それも家賃貰っている相手の。バカじゃないの)、がめついの。

この家に入居する時に、大家が土建屋だっていうからウォッシュレットを取り付けてもらえないかと頼んだら(こちらのトイレには電源もないし、トイレもタンクが壁に埋め込み式なので自分たちで取り付けは不可能)、工事料金を250ユーロも取られた。その上、古くさい家具を2000ユーロで買わないかなんて言って来て。だれがガラクタに2000ユーロも払うか!

修理を頼めば「料金払え」ばかり言って来るし。
ある日、嵐が来て雨戸が吹っ飛んだ。だから大家に言ったら「雨戸の料金払え」って、自然災害じゃん!
いつもいつも「金、金」ばかり言うので、「じゃぁこの雨戸、私がお金払うのなら引っ越しの時に持って行くね」と言ったらやっと黙ったわ。

こんななので、本当に解約したのか書類のコピーをくれ(どうも次ぎは身内に貸すようだ。息子そっくりの人が見に来た。で、解約するなんて言っておいて実はせず、身内にうちのお金でインターネットされたらたまらん)、と不動産屋にメールしたら
不「大家は月末で解約するようにした、と言ってる」
私「だからその書類のコピー頂戴」
不「何の書類?」
私「だから解約する為の書類」
不「だから月末で解約するって。分かった?」

ここでカッチーン。この不動産会社の担当者、本当に言い方がきつい。で、私が同じように言い返すと、何故か私じゃなくて通訳さんに「たくわんがこんな酷い事言って来たー。ひどい〜」と言いつける。オイ、最初にキツい一言言って来たの誰だよ!

ふらんすおんなの典型でねぇ、偉そーな態度に出るくせに、こっちが反撃するとピーピー騒ぐ。被害者面して周りに言いつける。アンタ何歳?幼稚園から人間関係を学び直しなさい、と言いたい輩が非常に多い。ふらんすの男の人が優しいからつけ上げるのよねぇ。本当に手におえないわ。

なので私も
「分かってるよ。電話で手続きしたの(それは絶対出来ない)?どういう方法で?既に解約の手続きしてるってことは大家は何か持っているでしょう?インターネット料金払ってるの私でしょ。だったら私には契約解除をした、という「証拠」を持つ権利があるわ」
と書いた。証拠なんてイヤな表現だ。まるで大家の事疑ってるって思われちゃうわ。実際そう疑っているけどさ。

あーあ、これで退去の時に因縁つけられたらどうしよう。。。
ってかこんな事書かせる前にハイって言っておけばじゃん。管理するのがアナタの仕事なんだから。
自分はしょっちゅう「煙突の掃除した?したんだったらその証明書送って」「それはどこの業者?」なんてちまちましつこくメールしてくるくせに!

因みにウォッシュレットの取り外し、どうしたら良い?って大家に聞いたら、250ユーロで取り付けたから、同じ金額で取り外してやる、って。
オイ、高過ぎるだろう。ってことで通訳さんに聞いたらもの凄く良い人を紹介してくれた。
ウォッシュレットの取り外しから、色々修理を頼んでたったの60ユーロでやってくれた!
本当にがめついんだから。。。

自分を安売りしてはいけない、下手に卑屈にならないぞ、と心に誓ってみた。
てか、私って本当にふらんすじんとは相性が良くないね。というかもうこの土地ともね。
ずっと大殺界状態だったしさ。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。